2012年12月14日

歯周病対策は正しい歯ブラシ選びから <歯科医院専用>サンデンタル サムフレンドベーシックポイント#30 

食後の歯磨き、きちんとしっかり磨けていますか?
歯肉炎、歯周病、歯槽膿漏と、歯の病気は自覚症状がなく進むこともあるため
そこが怖いところですよね。半年に1度は、定期検診を受けたいものです。

かかりつけの歯科医から聞いたところ、目安で上の歯5分、下の歯5分、計10分
くらいは時間をかけて、しっかり磨く必要があるそうです。

歯ブラシは、大きすぎず小さすぎず。
あまり小さすぎると、歯磨きの効率が悪くなってしまいます。

磨き方も、一本一本、ていねいに。

親知らずは、ほとんど抜いているのですが、それでも
一番奥の歯は磨き残しがあったりして、プラークが付きやすく
放っておくと歯石になってしまうことが多いとのこと。

歯石は歯肉の下、つまり見えない部分
歯ブラシの届かない部分にまでつくので、これに気づかないと
歯茎が炎症をおこして、気づいたときには歯周病になってしまっています。

やはり、日頃のオーラルケアが大切ですね。

ただ歯の一番奥は、普通の歯ブラシだと磨けないので
専用の歯ブラシを使う必要があります。

歯科医にすすめられた、奥歯専用の歯ブラシは
ドラッグストアには、ほとんど置いていないので
ネット通販を利用するのがおすすめですね。


私は歯科医で、これを買ったのですが(1本200円でした)
こちらの方が割安ですね☆


オーラルケアグッズ、充実の品揃えです。ぜひチェックしてくださいね。











posted by haru-mi at 21:19| ヘルスケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする